トレログ

皆様のフィットネスライフがより良くなるように情報を発信しています

MENU

ボディイメージが低下すると何が起こるのか

ボディイメージとは、『自分が今どういう状態なのか、どこにいるのかという自分の存在の認識』のことです。

 

ボディイメージが低下している人は結果的に、運動が苦手と感じる。動きがぎこちない。過緊張しやすい。

といった症状が起こりやすいと思われます。

 

 

ボディイメージと感覚

人間には五感といわれる、視覚・味覚・嗅覚・触覚・聴覚に加えて、固有覚前庭覚の7覚が存在します。

 

身体を動かす際には、触覚・固有覚・前庭覚が主に働き身体のコントロールを行います。

 

触覚:地面や物、相手との関係を触れたり触られたりすることで感じる。

固有覚:力加減や手足の動き筋肉や関節の位置や動きの感覚。

前庭覚:バランス・スピード・回転などを感じる。

 

ボディイメージの低下はこれらの感覚の不足とも言えます。

 

ボディイメージの低下

例えば「大きな的にボールを当てる」という行為をするために、「どこに踏み込んで、自分がどこにいて、どのくらいの力、どの角度からこのボールを投げれば的に当たるのか」ということを身体は運動指令を受けて実行します。

他にも脚で立ってください。この水たまりを飛び越えて下さい。くぐってください。すべての行動が当てはまります。

 

あれ、自分が思って実行したことと結果が違う。とうことがボディイメージ『自分が今どういう状態なのか、どこにいるのかという自分の存在の認識』の低下です。

 

ボディイメージの低下及び感覚の不足は位置覚の消失ともいわれ、身体の過緊張を生みます。イメージと実際の動作が異なることから、ケガや痛みに繋がったり、不安・浮遊感・パニックの原因にもなりえます。

運動が苦手→克服へ

運動が苦手と感じる方も、ボディイメージの低下・感覚不足が少なからず影響していると思います。

これらの克服には運動を通して自己有能感を高めるのがいいので、筋トレ・ヨガ・ランニングなども有効ではあります。

簡単なことから始め『できた!』『もう少ししたいな』を増やすことが大切です。

 

筋トレ・ヨガ・ランニングの効果が素晴らしいのは間違いないのですが、動きの特徴に目を向けてみてください。

子どものころしていた遊びやスポーツに比べると動きが単調なのに気づくと思います。

 

ですので、より高いボディイメージや感覚を駆使して動作をするとなると遊びやスポーツがとても大切なんです。

トレーニングにおいてはバーベルやマシンだけでなく『グラウンドムーブメント』といわれる種類のトレーニングもありますので気になる方は調べてみて下さい!

そのうち記事とインスタに投稿します。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Suzaki (@fitness_suzaki)

まとめ

ボディイメージ『自分が今どういう状態なのか、どこにいるのかという自分の存在の認識』の低下は、有効な動作を身体ができないと判断します。

 

動作効率も悪い、ケガのリスクや過緊張、痛み、浮遊感、パニックまでももたらす可能性があります。

 

大人になると身体を動かす機会は減ってしまいますが、自分に合う楽しいものを何かみつけて実践してみてください。